TOP> アンティークガラス

2010年03月10日

アンティーク シルバーオーバーレイ ガラスのお皿♪

おはようございます!

カナダでもいきなり氷点下を脱して夜でも息が白くなくなりました!
やったー!

この時期にこの暖かさは異常ですが雪がなくなって快適です^^

でも油断していると絶対降るんですよね〜ドカ雪が。
しばらくはマイルドな気温と太陽と楽しむことにしまーす。

今日のアンティークはアメリカの特許(というほどではないですが)
1930年から20年間しか作成されなかったという、薄く伸ばした純銀をガラス表面に張り付けた細工のシルバーオーバーレイのお皿です♪

職人技ですね〜

118.JPG

アメリカ産オーガニックの苺です
セールでお得に買えました^^
119.JPG

ちょっと柄がわかりにくいですね^^;
シンプルな曲線のラインのお皿です
115.JPG

純銀の薄いシートを切ったり貼りつけたり、かなり精密な手作業なのでたった20年ほどしか作られなかったのですね。
わかります〜

時間があったら習いにいきたいなあと思うのですが、不器用だからむずかしいかも><

自分で好きなデザインで作れたら素敵ですよね!
アニメ柄にしたいかも^^←をい

実はいまだにはまってるんですよ〜ロミオの青い空!
今月に入って原作や脚本やファンブックをたて続けに落札してしまいました。
実物を見るのが楽しみですっ♪

次に狙っているのはこれです♪


近所の図書館で原作を借りたのですがなんと原書のドイツ語。え〜
ichとかumとか、もう訳わかりません。
なんとか判読できたのはキャラの名前だけでした(/_<。)

おまけに児童文学なのにめちゃくちゃ不気味な挿絵で、
世界名作アニメと似ても似つきませんでした(汗)。

日本のアニメの偉大さを感じた私です^^;

人気ブログランキングへ
↑参加しています。バナークリックで応援して下さると嬉しいです♪
今日も一日楽しみましょう〜こちらは夜ですが^^;
ワンコの散歩に行ってきます!

ブックマークに追加する
posted by 千鶴(綺羅) at 08:36 | ニューヨーク ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | アンティークガラス

2008年06月25日

シルバーオーバーレイのプレート

こんにちは!

そろそろ夏ですね!入道雲がもこもこともうすでに夏って感じの空のカナダです^^

さてさて、今日のアンティークは暑い夏に嬉しい涼し気なガラスです。

シルバーオーバーレイはとても手の込んだ工程で作られる工芸品です。

とても繊細で美しいのですが、やはりものすごく手間がかかるので後継者が育たず、ごくごく短期間で製造が途絶えてしまったアンティークなのです。

素敵なのにもったいないですよね。
自分にはとても作れる根気も自信もないので、製作していた人たちは本当にすごいです。

これは1900年代初めから中ごろのお皿です^^

シルバーオーバーレイでちょっと検索してみたらシルバーオーバーレイ技能認定講座なんていうのがあってびっくりしました。
銀粘土アートクレイでアクセサリー製作って面白そう!
やってみたくなりました。

シルバーオーバーレイのお皿

純銀の花柄♪

シルバーオーバーレイの磨き方は純銀製品と一緒です。
純銀専用の銀磨きクロスも良いですけど、やはり食べ物を直接載せるので、
私は安全志向で重曹を使います。

なんといっても経済的だし^^

重曹を振りかけて、水をちょっとだけ含ませたスポンジでこするだけ!
黒ずんだ重曹を水で流して乾いた柔らかい布で磨き上げておしまいです。

とっても簡単♪

シルバーオーバーレイのお皿がきれいになったところで、
さっそく日本みやげのおやつを載せてみました^^

カラフルフルーツ味のグミ♪

変な並べ方でごめんなさ〜い^^;
月見団子じゃないんだからぁ

グミいろいろ。日本から買ってきました!

ぷるるんとジューシーでおいしいです!
名前は『ぷぷるん』なんですが^^;

グミはカナダでも人気があって、普通のスーパーにもGummyとして売られてます。グミィ♪

香りもいいんですよね〜グミ

こういうのは甘〜い香りがやみつきになりますね。

そういえばカナダのグミは変な形のもあって、ブタの鼻とか顔とか^^;
ちょっとセンスを疑ってしまいます(汗)

虫の形のキャンディもあるくらいだし、変、いえユニークなのが受けるのかもしれません。

でもおもしろいから今度撮影用に1袋買ってこようっと。
シルバーオーバーレイのように製造中止になっていませんように。

人気blogランキング
参加しています。
↑クリックで応援して下さると嬉しいです♪

ブックマークに追加する
posted by 千鶴(綺羅) at 14:40 | ニューヨーク ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | アンティークガラス

2008年05月28日

アンティークガラスのメタボな花瓶

おはようございます^^

アンティークガラスってとても好きなのですが、これはちょっとユーモラスな形ですよね。
微妙にメタボ入ってます^^

ころんとしたひょうきんな形のアンティー'クガラス^^

プレストガラスの明るいブルー。
短い足が3つ、ふんばっているみたい。

アンティークガラスの花瓶 足もかわいい

花瓶の入り口はほんわかした花びら形です。
スカイブルーのぼかしが柔らかい雰囲気で、
青い空にぽっかりのほほ〜んと浮かぶわた雲を連想させますね♪

アンティークガラスの花瓶♪

アンティークガラスの面白さって透明感とか輝きとかフォルムにあると思います。
繊細な輝きはガラスならではの特権ですよね。

真ん丸い胴体に短い足ってメタボなおじさんみたいで愛嬌たっぷりですね。なんともかわいいヤツなのです。

こんな子がアンティーク市の山に埋もれていたら連れて帰らないわけにはいきません〜

あ、後ろに映っているキティちゃんトランクは何年か前にすかいらーくやガストのスタンプを貯めてもらった景品なのです。

親や友人に呆れられるほどファミレス通いをして必死に貯めました^^;
いや〜どうしても欲しかったんですよね。
買ったほうが安かっただろうに〜
おまけに貴重な外食のチャンスをことごとくファミレスにつぎ込んだ私って^^;

そんな愛着のあるキティトランクですが、今ではピアノの上で金庫代わりにお財布をしまってます。

人気blogランキング
参加しています。
↑クリックで応援して下さると嬉しいです!

ブックマークに追加する
posted by 千鶴(綺羅) at 08:57 | ニューヨーク ☀ | Comment(16) | TrackBack(0) | アンティークガラス

2008年02月24日

アンティークガラスのハンドペイントの小物入れ

アンティーク好きな人もそうでない人もこんにちは!
あっという間に週末ですね。

今日のアンティークは久しぶりにガラスの小物入れです。

緑色のガラス製でかなり平たい形が面白いですね!
ハンドメイドの花が描かれています。

アンティークガラスの小物入れ

ハンドメイドの花柄

ふたを開けると。。。

掠れてアンティークらしくなったエナメルのハンドペイントです^^
金属部分もアンティークっぽいですよね。

エナメルのハンドペイントです

手のひらに乗るほどの可愛いサイズの小物入れなのです。
これに何を入れようかな〜?
コットンボール、アクセサリー、キャンディ、ヘアピン。。。

あまり物が入らなくて実用的とはいえないけれど、
ちょこんと置いておくだけで場が和みます〜

ところでついさっきテレビで「キャスト・アウェイ」をやっていました。トム・ハンクス演じるビジネスマンが飛行機事故で生き延びて南の孤島でサバイバル生活をするストーリーの映画です。

迫真の演技にどきどきしました。
虫歯のシーンが凄絶><

文明社会の恩恵をひしひしと感じてしまいました〜

ブックマークに追加する
posted by 千鶴(綺羅) at 14:39 | ニューヨーク ☁ | Comment(7) | TrackBack(0) | アンティークガラス

2007年06月05日

アンティーク・シルバーオーバーレイのボウル

こんにちは!
今日のアンティークはシルバーオーバーレイのボウルとお皿です。

このボウル、なんだかかぼちゃの煮つけなんかが似合いそうですよね^^
小さな足もかわいいです。
花柄はポピーのような感じですね。
シルバーオーバーレイは1930〜50年代頃のアメリカ製で、純銀を薄く伸ばして切り抜いて貼り付けて作ってあります。

シルバーオーバーレイ ボウル シルバーオーバーレイのボウル

シルバーオーバーレイのお皿

下のケーキプレートはシンプルな模様ですね。
こういうシルバーオーバーレイの小物が山のように見つかるのが野外アンティーク市です^^
最近はご無沙汰なので、また行きたいです!
夏の間のお楽しみです。

カナダの公園の画像

近所の公園の木です。クリスマスツリーみたい。

カナダの草刈り機

これは毎朝わたしの眠りを覚ましてくれる電動芝刈り機です。
近所のアパートの前でまっちょなおじさんが運転しています。
耕運機みたいです〜

ところで実家の横浜の方が気温が低い。。。
北国のはずなのに、冬寒くて夏暑いなんて(>_<)
とりえがナイ(汗)

最近は朝や夕方にいきなり真っ暗になって大雨、大雷に見舞われたあとにまた太陽がか〜っと照りつけるという、まさに『夏』なお天気です!

昼間の灼熱の太陽を避けて夕方8時ごろがお散歩タイムにぴったりなので行ってきました。公園でサッカーや野球をする人がいっぱい。
おぉ〜面白そう!無性に何かスポーツしたくなってきました!

でも目の前に飛んできたサッカーボールを投げてあげたらなぜかとんでもない方向にーー;
却って迷惑だったかもしれませぬ。

ブックマークに追加する
posted by 千鶴(綺羅) at 12:23 | ニューヨーク ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | アンティークガラス

2007年04月14日

アンティーク・シルバーオーバーレイのシュガー&クリーマー

おはようございます!
今日はシルバーオーバーレイのシュガー&クリーマーです!
シルバーオーバーレイ、シルバーオーバレイ、いろんな呼び方があるみたいですが、ガラスの表面に薄く伸ばした純銀をはりつけて模様にした工芸品です。

アメリカで始まって発達したシルバーオーバーレイは日本の人にものすご〜く人気がありますが、製造されたのはたったの20年くらい。

1930〜50年だけというわけでして、品数が少ないんであります><
 
アンティークシルバーオーバーレイ クリーム&シュガー アンティークシルバーオーバーレイのクリーマー
 
う〜ん、画像がちょと不鮮明で美しさが出てないですね。
今度撮影しなおしてアップしますね。
磨かないとダメかも^^;
 
これはシュガー&クリーマーですけど、真赤なバラの花一輪とか、カスミソウを活けても可愛いんですよね。
ペンギンみたいな形が好きですね〜
 
しかしシルバーオーバーレイっていちいち手で切って貼ってと細かい作業なので、技術の継承者がいなかったそうです。
すごいものになるとバラが一面に描かれた大皿とか、思わず磨くの大変だろうな〜とため息が^^;
だって純銀だからすぐに黒ずんでしまうのですーー;
 
シルバーオーバーレイの小物はカナダでは良く見かけるアイテムで野外アンティーク市でも高齢のショッピングモールのアンティーク市でも定番ですね。
 
おまけに結構安い部類なのですが、またしても送料の壁が(>_<)
ガラスは重たいですから〜
カナダからのインターナショナルな送料はこの6年ほどでなんと3倍近くにも値上がりしたわけで、最初は少なかった船便希望者が増えたのなんのって!
船便では届くのに1ヶ月半かかるのですが、これだけ送料が高いと(ちなみに航空便1キロ2800円、2キロ4300円、船便は1キロ1400円、2キロ1700円)船便にしたくもなりますよね^^;
 
でも船便だと届くまで心配で心配で!
心臓に悪い。
 
それにしても何千件と発送して破損はクリスマス時期に1回だけでした。未着はゼロ。
郵便局も結構ちゃんとお仕事しているんですね!  

ブックマークに追加する
posted by 千鶴(綺羅) at 06:57 | ニューヨーク ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | アンティークガラス

2006年10月24日

シルバーオーバーレイ

137_3712.JPG137_3713.JPG
 
シルバーオーバーレイのコンポート皿です。
ハンドルの付いたデザイン、ガラス製の表面に手作業で純銀を貼り付けて作る手法で、
アメリカで1930〜50年の20年ほどしか製造されませんでした。
 
なぜ?
 
その理由は後継者が育たなかったからだそうです。
たしかに根気と器用さが求められる作業で、
見るからになかなか難しそうです。
 
純銀の部分は磨くとキラキラしてキャンドルライトや日光に映えてとても綺麗。
わざわざ光に当てて表情をみたくなります。
これは純銀の花柄ですが、同じタイプで小鳥の模様もありました。
 
そして直径30センチ、1700gとかなり重たいので日本に発送するのにはちょっと困り物です。
ずっしりしていて梱包2キロに収めるのに手ごわい相手です^^;

ブックマークに追加する
posted by 千鶴(綺羅) at 23:57 | ニューヨーク ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | アンティークガラス
人気blogランキング 参加しています。 ↑クリックで応援して下さると嬉しいです!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。