TOP> アンティークレース・リネン・コットン

2010年01月16日

アンティークレース◇クロシェット編みのドイリーとランチョンマット

おはようございます♪

今日はカナダはまだ土曜日
日本は日曜日

12時間遅れでおっかけてます^^

さてさて、今日のアンティークはいつも私のおやつをのっけてくれているこの子たちです!

アンティークレースのドイリー
生成り色なので何でも合います♪
025.JPG

鉤針編みで太めの糸だから厚みがあります
026.JPG

こちらはランチョンマット
032.JPG

3羽の鳥さん
目立たないかな?
027.JPG

鳥に見えます?
隣にあるのは花と葉。。。と思う^^;
028.JPG

羽根を広げて
029.JPG

何かついばんでます
030.JPG

縁はこんな感じ☆
編み方自体は簡単そうなんですけど
模様にするのは大変そう〜
031.JPG

優雅に編み物したくなります〜(^ー^)

人気ブログランキングへ
↑参加しています。バナークリックで応援して下さると嬉しいです♪
バレンタインのチョコ選び中です。ネットであれこれ迷ってしまう〜
おすすめがあったら教えて下さいね><
お世話になってる女性向けですが^^;

ブックマークに追加する
posted by 千鶴(綺羅) at 23:50 | ニューヨーク ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | アンティークレース・リネン・コットン

2007年12月17日

アンティークレースのパンジーの春色花柄ドイリー

おはようございます!
トロントでは昨夜から雪が降り続いて今も外はまっしろです。

今日のアンティークはアンティークレースのパンジー花柄のドイリーです♪

これは何年か前にショッピングモール内で行われていた大規模なアンティーク市でうろうろしていたときにみつけました。ラインストーンのアンティークブローチやネックレスやリネンたちと一緒に気に入って買ったものです。

ドイリーのうち数枚はヤフオクで日本にお嫁に行きました。
日本のどこかで楽しんでもらえていると嬉しいな〜っと思います。
窓の外はブリザードですけどパンジーちゃんが春のよう♪

アンティークレース ドイリー かわいい花柄パンジー

そんなに大きくないので作れそうに思えますが、花をひとつひとつつなぐのが大変そうですね。。。このドイリーはパイン家具にとっても良く似合うのです。カントリーなインテリアにぴったり。

アンティークレース ドイリー パンジーの花 作るのは大変そうですね〜

ところで昨日はカナダ人のパーティでこんなものを見つけました。

サーモン寿司、に見える?お皿はスージークーパーのタイガーリリーです♪真ん中のリリーが見えませんが^^;

サーモン寿司?

に見えますが、ココナツをまぶしたスポンジケーキの上にオレンジと緑の色をつけたマジパン(アーモンド粉末のドウ)をのせたお菓子なのです^^

作ったのは生粋のカナダ人(イタリア系)というところがうけます。
ココナツが効いていて美味しかったです〜!
色はすごいけど^^;

ではこれから近所のスーパーまで買出しに行ってきます。

ブリザードなんですが(汗)

窓の外はブリザードでまっしろけ〜

ブックマークに追加する
posted by 千鶴(綺羅) at 06:04 | ニューヨーク ☔ | Comment(4) | TrackBack(0) | アンティークレース・リネン・コットン

2007年10月27日

アンティークレースのテーブルランナー

おはようございます!
週末〜週末〜(^^)♪

今日のアンティークはレースのテーブルランナーとランチョンマットです。
このテーブルランナーはあまりに長くてソファに乗せて撮影しました〜

テーブルのセンターに置いて、大きな花瓶などを載せるとゴージャスですね!
我が家のダイニングテーブルはただいま2台のノートPCや本が山積みでワークセンターと化してしまって(汗)
とてもアンティークを並べるスペースはありませんでした=□〇_
ああ、悲しい。。。

アンティークレースのテーブルセンター

アンティークレースのテーブルランナー


テーブルランナーは最近よく目にしますが、着物の帯みたいな素材のものもあってステキです。
クロスほどテーブルを覆わないのですっきりコーディネートできるのが特徴なので、日本でも受け入れられるかな〜って思います。

クロシェット(かぎ針編み)って温かくて手作りの良さが伝わりますね。
これはそれほど古くなくて50年代以降です。
まっしろでないところが気に入ってます。
マホガニーのテーブルに合いそうですよね。
欲しいなあ〜アンティークマホガニーの猫足テーブル♪

そういえば今日は図書館で編み物の本も借りてきました。
作るひまもないのに、見ているだけでも面白いんですよね。
こちらの図書館はグレータートロントの広大なエリアのあちこちに散らばる図書館のどれかにいってしまうと、
借りるのが大変なので読みたい本があったら即借りです。

あとは漫画の「バガボンド」がありましたが、おもしろいのかなあ?
日本では人気がありそうですが、暴力シーンにたじたじです。

英語訳の漫画は「犬夜叉」「フルーツバスケット」「鋼の錬金術師」「デスノート」などがありました。
ふきだしの横文字英語を読むのはすごく疲れるけどやっぱり日本のアニメと漫画は世界一おもしろいですね!
「カンタレラ」の6巻を借りてきました^^

最後にうちのワンコのヨーキーです。
無理やりポニーテールにしたらちょっとふてくされたかも(^^;)
♂だし。。。

うちのヨーキー『ハイディ』

ブックマークに追加する
posted by 千鶴(綺羅) at 09:40 | ニューヨーク ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | アンティークレース・リネン・コットン

2007年08月03日

アンティークレースのハンカチ

こんにちは!毎日暑いですね〜

今日のアンティークはアンティークレースのハンカチです。清楚で繊細でかわいい淑女が持っていそうなデザインですよね^^

アンティークレースのハンカチ アンティークレースのハンカチの画像

バラの花の刺繍が乙女ですよね。

アンティークレースはよくお家の屋根裏(アティック)のタンスや箱に長い間しまわれていたのを引越しなどで見つけられて、アンティークディーラーに見つけられ綺麗に洗って日の目を見ることが多いですね。

お気に入りのディーラーさんはリネン専門で、アンティーク市の彼女のテーブルは美しくプレスされたリネンが綺麗に並べられていて、見ているだけでもわくわくです♪

テーブルクロスになると200ドル以上はするので、小物ばかり集めてしまいます。

ハンカチもいろいろ使い道があるんです。ブレッドバスケットの敷物にしたり、ドイリー代わりにもなるし、ハンカチというよりも布の一種として使うのがコツかなあと思います。アンティークショップで素敵に使われているのを見るとすぐに真似したくなりますね。銀器とも相性が良いのでナプキン代わりにしたり、テーブルにそのまま置くよりも傷がつかないし、なんとなく和むのです。トレイの上に敷き物として置いても様になります。

ドレッサーの前にドイリーのように使うのもなかなか素敵です。アンティークの銀のブラシや手鏡などと良く合うのです^^

アクセサリーを載せておくのも便利です。

リネン小物はなんと言ってもリーズナブルな値段と軽いので送料がかからない点が嬉しいですね!

アンティーク市巡りでもアンティークレースのお店ははずせません♪レースと一緒に素敵なアクセサリーも見つかることもあって面白いのです。

最近行っていないので行きたくなってきました^^

ブックマークに追加する
posted by 千鶴(綺羅) at 15:29 | ニューヨーク ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | アンティークレース・リネン・コットン

2007年02月02日

アンティークレースのボンネット姿のドイリー

1930年代前後のアメリカ製のアンティークレースのテーブルセンターです。

手編みで編んだボンネット姿の女性のモチーフで当時大流行したそうです。

ボンネットってつばの広い帽子ですよね。

 

最近の美白ブームでこういう帽子が流行ったら面白いですよね!

ちょっと貴婦人みたいだし、赤ちゃんみたいにも見えます。そうそう昔のおばあちゃんが寝る時にかぶったナイトキャップのようにも見えます〜^^;;

 

アンティークレースのテーブルセンター アンティークレース ドイリー アンティークレース ドイリー バラの模様

 

縁はバラの花になっています。すごい!

作図を見ながらでも、こんな複雑なパターンをきっちり編むのは大変そうです><

 

実はわたしもへたながら手作りは大好きなのですが、細かい作業をしていると発狂しそうに〜^^;;

クロスステッチのキットもまだ未完のまま何年も経ってます。。。とほほ。

 

ぶっとい毛糸でざくざく編めば?とアドバイスされても、興味を引かれるのは繊細なこまごましたものばかりーー;

 

ハンドクラフトはカナダでもとても人気なのでキットも材料も豊富なので、また挑戦してみようかな~

ハンドクラフト専門の雑誌まで出ていてどれもアイディアや色使いがステキです^^

 

インテリア雑貨も自分で作るのが楽しいですよね。雑誌の作品やインテリアを見ているだけで幸せになってます。

特にこれからの季節はイースターが控えて色も大好きなパステルカラーが多用されるので嬉しいです。

でもクラフトは始めたなら最後まで作らないともったいないですね^^;

リースみたいに短時間でできるものは何とか飾れるレベルになるのですが、細かいものはいけません。

 

しかしこんな大雑把なわたしがA型だなんて自分でも信じられないですぅ

なので細かい手作り品を見るとただただ「すごい〜!」と感激してしまいます。

 

ミニチュアハウスもいいですよね^^

その前に作りかけのクロスステッチとニードルワークをなんとかしなくては。。。

ブックマークに追加する
posted by 千鶴(綺羅) at 23:50 | ニューヨーク ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | アンティークレース・リネン・コットン

2006年12月22日

アンティークレースのカラー(付け衿)

クリスマスだからというわけではないのですが、こんなかわいい付け衿をみつけました。

黒か真紅、深緑のベロアドレスに付けたら素敵でしょうね^^

 

アンティークレースの付け衿 アンティーク付け衿アップ アンティーク レース付け衿 バック

 

この時期は小さな子がドレスアップしているのをよくみかけますが、ほんと〜にカワイイ♪

ダウンタウンに昔オキーフセンターと呼ばれていたハミングバードセンターというバレエやミュージカルが観られる大きな会館があるのですが、そこでクルミ割人形がクリスマスの定番になっています。

                                       

オークストラピットのある特等席は1席100ドルくらい(1万円)、日本に比べたら安いかもしれないですね。

2回くらい観に行って、1度は3階席の後ろのほうで双眼鏡で見てました^^;

 

そこのロビーでドレスアップした大人や子供を見かけるんです。

髪の毛もくるくる巻いちゃってか-わいいです^^

お決まりの白いタイツに黒エナメルのベルト靴。絵に描いたようです。

 

男の子だってタキシードじゃないけどスーツを着てたりして一人前に紳士みたい。

女の子のコートもクラシックなケープみたいなデザインだったりすると見とれてしまったりします。

普通はスノウコートと呼ばれるスキーウエアみたいなカジュアルスタイルが主だから、ドレスアップしている人を見るとついつい目が惹かれます^^;

 

このアンティークな付け衿は1900年代初め頃のものなので、きっとその当時のおしゃまなお嬢さまがドレスアップした時に活躍したのでしょうね。凝ったレースのデザインがなかなか味があります。

真ん中の刺繍はバラです^^

 

首回りに余裕があって大き目なので大人でも使えます。

夏になったら真っ白なシンプルなコットンドレスにあわせても

とっても清楚で良いかなと思います♪

ブックマークに追加する
posted by 千鶴(綺羅) at 13:12 | ニューヨーク ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | アンティークレース・リネン・コットン
人気blogランキング 参加しています。 ↑クリックで応援して下さると嬉しいです!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。